プレゼントにおすすめディズニーグッズ

【失敗談あり】1歳児のディズニーデビューを成功させる4つのコツ【2023年秋】

子連れディズニー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 子供が1歳になったからディズニーデビューさせたい
  • 何がなんでもディズニーデビューを成功させたい
  • 子供のディズニーデビューの注意点を知りたい

我が家の娘が1歳になった記念に、ディズニーデビューをしてきました。

大人だけのディズニー旅行とは異なり、子連れディズニーには注意すべき点がたくさんあります。

上記を実践するだけで、子供のディズニーデビューの成功がグッと近づきます。

おまめ
おまめ

我が家の当日のスケジュールや失敗談も紹介!

これから子供のディズニーデビューを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

1歳児のディズニーデビュー体験談|実際のスケジュール公開

我が家の娘のディズニーデビューは、1歳1ヶ月の頃でした。

関西在住の筆者は、新幹線を利用した一泊二日のディズニー旅行を計画しました。

おまめ
おまめ

一泊二日の具体的なスケジュールはこちら!

1日目にディズニーシー、2日目はディズニーランド、宿泊はセレブレーションホテル・ディスカバーにしました。

アトラクションに乗ったり、記念シールをもらったり、ショー鑑賞をしたりと最高の思い出になりました。

おまめ
おまめ

だけど初日のスケジュールを詰めすぎて…

今回のディズニー旅行の唯一の失敗は、初日のスケジュールの詰め過ぎでした。

我が家の失敗談|予定の詰めすぎは厳禁

子供のディズニーデビューでは、子供がしっかり休息を取れる場所・時間を確保してください。

子供がディズニーリゾートで体験する音や光は、日常とは違って非常に刺激が強いです。

いつもと違う興奮状態が続いてしまい、子供はゆっくりと休憩が取れなくなります。

我が家の1日目のディズニーシーでは、以下のようにスケジュールが詰まっていました。

  • 日中に5つのアトラクションを体験
  • 昼食はレストランで子供と大人が一緒に食事
  • 夜にはハーバーショーを鑑賞

大人のディズニー旅行では、ごく一般的なスケジュールだと思います。

おまめ
おまめ

一方で子供にとっては刺激が強いものばかり

2日目の朝には子供は少し鼻水が出るように。ディズニー旅行から帰ったあとは、軽い風邪を引いてしまいました

以下のポイントを意識して、子供がゆっくり休める環境を確保してください。

  • アトラクションは2〜3個に留める:スケジュールにゆとりを作る
  • 子供の食事はベビーセンターを利用する:落ち着いた環境で食事ができる
  • パレードやショーは遠くから鑑賞する:激しい音や光から遠ざける
おまめ
おまめ

ディズニーデビューの成功は子供の健康があってこそ!

子供の体に無理をさせないよう、ゆとりある旅行スケジュールを作りましょう。

スポンサーリンク

事前の準備が大事!我が家のディズニーデビューの持ち物紹介

子供のディズニーデビューを企画したら、まずは事前の準備と情報収集を始めましょう。

具体的には以下の4つのポイントを意識してください。

おまめ
おまめ

読みたい見出しをクリックすると、解説部分に移動します

我が家のディズニー旅行で用意した荷物の中で、特に重宝したものはこちらになります。

  • シールブック:新幹線やスタンバイでの時間潰し
  • スティックパン:空腹対策&手を汚さない
  • 大量の着替え:粗相対策&気温変化への対応
  • ベビーカー:パーク内での昼寝場所
  • ヒップシート:人混みやスタンバイで大活躍

我が家は新幹線での移動だったため、静かに遊べるシールブックが大活躍。

また、新幹線やスタンバイの際には、スティックパンがおやつ代わりに重宝しました。

一方でディズニー旅行は、子供にとって慣れない環境ばかりです。

いつもは粗相をしない子供でも、油断はなりません。

おまめ
おまめ

我が家も帰りの新幹線で、娘が粗相をして大変でした

普段以上に着替えを用意しておけば、夕方以降の気温変化にも対応できて一石二鳥です。

【雨の日】子連れディズニーに必須の持ち物!【赤ちゃん・幼児】

ベビーカーは必須!ヒップシートとの併用が超便利

1歳の子供のディズニーデビューでは、ベビーカーが必須アイテムになります。

おまめ
おまめ

パーク内の移動だけでなく、昼寝等の休憩にもピッタリ

ディズニーリゾートにはベビーカーのレンタルサービスがあるので、持ち込みできない人にも安心です。

しかし、アトラクションのスタンバイではベビーカーが利用できないものが少なくありません。

おまめ
おまめ

そこでヒップシートが大活躍!

  • すぐに子供を抱っこできる
  • ベビーカーとの併用が簡単
  • 人混みの中でも邪魔にならない

普通の抱っこ紐よりも着脱が簡単なので、混雑しやすいディズニー旅行でヒップシートは非常に重宝しました。

我が家が愛用しているヒップシートポルバンアドバンスは、子供のディズニーデビューの強い味方です。

スポンサーリンク

ディズニーデビューに最適!1歳児が利用できるアトラクション

子供のディズニーデビューをする上で、欠かせないのがアトラクションの事前チェックです。

おまめ
おまめ

我が家が実際に利用したアトラクションはこちら

  • ヴェネツィアン・ゴンドラ
  • エレクトリック・レールウェイ
  • アリエルのプレイグラウンド
  • シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジ
  • タートル・トーク
  • ウェスタンリバー鉄道
  • トゥーン・パーク

予定を詰め込みすぎた1日目は、ディズニーシーのアトラクションが多くなっています。

1歳児でも利用できるアトラクションは、以下の記事でも解説しています。

【子連れディズニー】0歳児と一緒に利用できるおすすめアトラクション5選

今回、我が家のディズニーデビューでも利用した、超おすすめアトラクションを紹介します。

おまめ
おまめ

ぜひ子供と一緒に楽しんでください!

ベビーカーのまま利用できるアトラクション|移動もラクラク

子供連れでのディズニー旅行では、ベビーカーでの移動がとっても多くなります。

しかし残念ながら、子供をベビーカーに乗せたまま利用できるアトラクションは意外と少ないです。

ベビーカーのまま利用できるアトラクションは以下の7つのみです。

ディズニーランド
ディズニーシー
  • 蒸気船マークトウェイン号
  • ウエスタンランドシューティングギャラリー
  • ドナルドのボート
  • ミニーの家
  • エレクトリックレールウェイ
  • トランジットスチーマーライン
  • アリエルのプレイグラウンド

ディズニーシーのエレクトリックレールウェイトランジットスチーマーラインは特におすすめ!

面積が広く、勾配の多いディズニーシー内の移動手段を兼ねた、子連れに最適なアトラクションです。

おまめ
おまめ

各アトラクションの特徴は事前にチェックしておきましょう

要チェック!赤ちゃんがハイハイできる場所

1歳児のディズニーデビューでは、子供がハイハイできる場所を把握しましょう。

我が家の娘は、まだ独り歩きができない時期のディズニーデビューでした。

しかし子供は適度に運動させないと、上手に昼寝をしてくれません。

子供がのびのびと遊べて、ハイハイできる場所を知っておくけば、子供のストレス発散にも役立ちます

具体的には以下の2つのアトラクションを利用しましょう。

【東京ディズニーランド】トゥーンパーク

【東京ディズニーシー】アリエルのプレイグラウンド

いずれのアトラクションも、床が柔らかい素材でできたキッズスペースです。

特にアリエルのプレイグラウンドは、完全屋内で土足厳禁のエリアもあるため非常におすすめ。

おまめ
おまめ

ベビーカーは使いづらいので、ここでもヒップシートが大活躍!

近くにベビールームやレストランもあるので、子供連れには必須のアトラクションです。

スポンサーリンク

1歳児のご飯はどうする?レストランより持ち込み!

子供のディズニーデビューを計画する上で、子供の食事はどうしましょう?

おまめ
おまめ

筆者のおすすめは、ベビーランチの持ち込みです

ディズニーリゾートの食事時は、どこのレストランも大混雑します。

入店するのに1時間以上の待ち時間がかかることも少なくありません。

せめて子供の食事だけは、普段の生活と同じタイミングを意識してあげましょう。

そこで役立つのがベビーセンターという施設です。

子供の食事にはベビーセンターがおすすめ

パーク内に複数存在するベビーセンターは、子供のディズニーデビューの強い味方です。

ベビーセンターには以下の設備が用意されています。

  • おむつ交換台
  • 食事スペース
  • 授乳室
  • 赤ちゃん用品の販売(一部のみ)

子連れディズニーの強い味方!授乳室(ベビーセンター)ってどんなところ?

特に子供の食事はベビーセンターで食べさせてあげるのがおすすめです。

ディズニーリゾートは音や光の演出が多く、子供にとっては刺激が強すぎます。

子供が食事に集中できない可能性も考えられます。

落ち着いた空間のベビーセンターなら、子供は食事に集中することができるでしょう。

おまめ
おまめ

我が家のお出かけでは、和光堂の栄養マルシェが大活躍

子連れでも利用しやすいレストラン一覧

念願の子供のディズニーデビューだから、せっかくならディズニーのレストランを利用したい。

もしパーク内のレストランを利用する場合は、座席数が多いレストランを選びましょう。

  • 家族の人数分の座席が確保しやすい
  • ソファー席が比較的多い
  • 利用者の回転率が高い

上記の特徴を備えている、座席数の多いレストランはこちらになります。

東京ディズニーランド座席数場所料理
トゥモローランド・テラス1,540トゥモローランド
(ベイマックスのハッピーライドの前)
ハンバーガーなどの軽食
プラズマ・レイズ・ダイナー930トゥモローランド
(ワールドバザールとの境)
ライスボウルやデザート
パン・ギャラクティック・ピザ・ポート710トゥモローランド
(スターツアーズの前)
ピザ
東京ディズニーシー座席数場所料理
カスバ・フードコート930アラビアンコースト
(マジックランプシアターの隣)
カレー
ケープコッド・クックオフ860アメリカンウォーターフロント
(アーント・ペグズ・ヴィレッジストアの隣)
ハンバーガーなどの軽食
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ840メディテレーニアンハーバー
(ソアリンの前)
パスタやピザ
おまめ
おまめ

ディズニー歴の長い、筆者のおすすめレストランです♪

ディズニーランドとディズニーシーのそれぞれで、座席数の多いレストランについて、こちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク

宿泊はセレブレーションホテル|子連れディズニーには不向き

我が家のディズニーデビューでは、宿泊先にセレブレーションホテル・ディスカバーを選択しました。

おまめ
おまめ

良いホテルでしたが、子供のディズニーデビューには不向きでした

パークからセレブレーションホテルへの移動は、無料シャトルバスで約20分かかります。

大人でも疲れるバス移動ですが、ディズニーデビューを終えた子供への負担は非常に大きいです。

他にも、セレブレーションホテルの特徴は以下の通りです。

デメリット
メリット
  • パークからの移動はバスのみ
  • 客室は狭い
  • レストランのメニューが少ない
  • 宿泊費用が安い
  • ディズニーの世界観がたっぷり
  • ハッピーエントリーが利用できる

上記を確認して、宿泊するホテルを選択してください。

【1歳児と宿泊】セレブレーションホテルの体験記!快適に過ごす5つのポイント

子連れディズニーにはオフィシャルホテルがおすすめ

子供をディズニーデビューさせる時は、宿泊先にオフィシャルホテルを選びましょう。

オフィシャルホテルとは、ディズニーと提携している6つのホテルのこと。

パークとの移動はモノレールが利用できるので、子供と一緒でも安心です。

オフィシャルホテルが子供のディズニーデビューに最適な理由は以下の3つです。

  • ディズニーリゾート内の立地で移動距離が短い
  • 荷物の配送サービスで手荷物が少なくなる
  • ディズニーホテルより宿泊費用が抑えられる

6つのオフィシャルホテルにはそれぞれの特徴があるので、あなたの希望に合うホテルが必ず見つかるでしょう。

筆者のおすすめのオフィシャルホテルは、こちらの記事で解説しています。

ディズニーのオフィシャルホテルおすすめ3選|最高の朝食・ホテルステイに最適

スポンサーリンク

まとめ|事前準備&子供優先でディズニーデビューを成功させよう

我が家の娘のディズニーデビューの体験談とともに、子供連れのディズニー旅行の注意点を解説してきました。

おまめ
おまめ

我が家の失敗の原因は予定の詰め込みすぎ

ディズニーリゾートの音や光は、子供にとって非常に刺激が強いです。

子供がゆっくり休憩できるように、必要以上に余裕を持ったスケジュールを意識しましょう。

以下のポイントに注意するだけで、子供のディズニーデビューが成功に近づきます。

子供にも大人にも素晴らしい思い出となるディズニーデビューを実現しましょう。

具体的なディズニーデビューのお悩みや相談は、お問い合わせページから承っています。

おまめ
おまめ

気軽にご連絡ください♪

タイトルとURLをコピーしました