プレゼントにおすすめディズニーグッズ

徹底比較!妊婦におすすめは?ディズニーランドvsディズニーシー

マタニティディズニー
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 安定期に入ったらマタニティディズニーへ行きたい
  • 夫婦の最後の思い出をディズニーリゾートで作りたい
  • 子供が生まれる前にディズニー旅行へ行きたい

妊娠中にディズニー旅行へ行く計画を立てている妊婦さんは少なくないでしょう。身体への負担を減らすためには、ホテル宿泊をすることがおすすめです。しかし、ディズニー旅行の日程や滞在時間を短くせざるを得ないこともあるでしょう。

おまめ
おまめ

たった1日だけでもマタニティディズニーを楽しみたい!

この記事では、妊婦さんがディズニー旅行を最大限に満喫できるお手伝いをします。ディズニーランドディズニーシーのどちらがより妊婦におすすめできるか比較してみました。

ディズニー歴20年以上妊娠7ヶ月でのマタニティディズニーを経験した筆者が、ディズニーランドとディズニーシーの魅力をそれぞれ解説します。マタニティディズニーへ行く前の参考にしてください。

スポンサーリンク

徹底比較!妊娠中の目的別おすすめ度

2023年4月には開園40周年を迎えた東京ディズニーリゾートですが、開園以来さまざまな改修が行われています。ディズニーランドとディズニーシー、2つのパークにはそれぞれの特徴があります。

その中でも妊娠中に楽しめるおすすめ度合いを、目的別にふたつのパークで比較してみました。

目的ディズニーランドディズニーシー
アトラクション
レストラン
ショップ・グッズ
ショー・パレード
立地・移動手段
目的の項目をクリックすると解説までジャンプします

アトラクションやグッズなど、ディズニー旅行の目的は人それぞれでしょう。各項目について具体的に比較しているので、気になる項目をチェックしてください。

スポンサーリンク

アトラクション

ディズニー旅行の醍醐味といえばアトラクションですが、妊娠中に楽しめるアトラクションには限りがあります。以下のアトラクションは、妊娠中に利用できません。

【東京ディズニーランド】

  • ビッグサンダー・マウンテン 
  • スプラッシュ・マウンテン 
  • ガジェットのゴーコースター 
  • スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー 
  • スペース・マウンテン

【東京ディズニーシー】

  • ソアリン:ファンタスティック・フライト
  • タワー・オブ・テラー
  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 
  • レイジングスピリッツ
  • フランダーのフライングフィッシュコースター 
  • センター・オブ・ジ・アース 
  • ニモ&フレンズ・シーライダー

妊娠中に利用ができないアトラクションはディズニーシーの方が多く、ディズニーランドの方が妊婦でも楽しめるアトラクションが豊富です。ディズニーランドにはゆっくり座って楽しめる屋内型シアターのアトラクションも多く、身体への負担を少なくすることができます。

ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドミッキーのフィルハーマジックカントリーベア・シアターなどのアトラクションは座席数が多く、ゆっくりと音楽を楽しむことが出来るのでおすすめです。

おまめ
おまめ

ディズニーランドの方がゆったり楽しめるアトラクションが豊富

妊娠中でも楽しむことが出来るディズニーランドとディズニーシーのアトラクションについて、こちらの記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

妊婦でも乗れるアトラクション!おすすめ5選【東京ディズニーランド】

妊婦でも乗れるアトラクション!おすすめ4選【東京ディズニーシー】

スポンサーリンク

レストラン

ディズニーリゾート内のレストランには豪華なものやファストフードのようなものまで、様々な種類が用意されています。

その中でも座席数が多いレストランの場所を押さえておくと、食事どきの混雑回避だけでなく疲れた時の休憩に軽食を挟むこともできるためおすすめです。

【東京ディズニーランド】

座席数場所料理
トゥモローランド・テラス1,540トゥモローランド
(ベイマックスのハッピーライドの前)
ハンバーガーなどの軽食
プラズマ・レイズ・ダイナー930トゥモローランド
(ワールドバザールとの境)
ライスボウルやデザート
パン・ギャラクティック・ピザ・ポート710トゥモローランド
(スターツアーズの前)
ピザ

【東京ディズニーシー】

座席数場所料理
カスバ・フードコート930アラビアンコースト
(マジックランプシアターの隣)
カレー
ケープコッド・クックオフ860アメリカンウォーターフロント
(アーント・ペグズ・ヴィレッジストアの隣)
ハンバーガーなどの軽食
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ840メディテレーニアンハーバー
(ソアリンの前)
パスタやピザ

この中でもトゥモローランド・テラスカスバ・フードコートは、座席数だけでなく通路も幅広く取られているため、座席へ移動する際にも安心感があります。

一方で、パン・キャラクティック・ピザ・ポートザンビーニ・ブラザーズ・リストランテは座席数は確保されている反面、店内に階段があるため妊婦には少し負担があるため注意が必要です。

おまめ
おまめ

どちらのパークにも座席数の多いレストランがたくさん

そのほかにも、ディズニー公式アプリなどから予約の取れるレストラン(プライオリティシーティング)を利用することがおすすめです。

【東京ディズニーランド】

  • マゼランズ
  • リストランテ・ディ・カナレット
  • S.S.コロンビア・ダイニングルーム
  • テディ・ルーズベルト・ラウンジ
  • レストラン櫻
  • ホライズンベイ・レストラン

【東京ディズニーシー】

  • イーストサイド・カフェ
  • センターストリート・コーヒーハウス
  • れすとらん北齋
  • クリスタルパレス・レストラン
  • ブルーバイユー・レストラン
  • ポリネシアンテラス・レストラン
  • ザ・ダイヤモンドホースショー

予定日の1ヶ月前から予約を取ることができますが、どのレストランも予約倍率が高いため注意が必要です。当日のキャンセル枠もあるため、希望のレストランがある場合は粘り強く予約を取りに行きましょう。

スポンサーリンク

ショップ・グッズ

ディズニーランドとディズニーシーの入園後すぐの施設には、パーク内随一の規模を誇るショップがあります。そのため、パーク入り口付近のショップでほとんどのディズニーグッズが手に入るでしょう。

しかし、注意が必要となるのがアニバーサリーグッズダッフィー&フレンズのグッズです。

ディズニーランドとディズニーシーには、それぞれ◯周年といったアニバーサリーがあります。各パークのアニバーサリーグッズは、それぞれのパーク内で購入する事になります。

また人気のダッフィー&フレンズのグッズは、ディズニーシー内の一部ショップでしか販売していません。

このダッフィー&フレンズのグッズを目的にディズニー旅行へ行くという人も少なく無いでしょう。それほどの人気グッズの取り扱いができるディズニーシーの方が、おすすめ度合いが高い結果になります。

おまめ
おまめ

ダッフィー&フレンズのグッズが購入できるのはディズニーシーだけ

また、ディズニー公式アプリを使ったオンラインショッピングの対象になっているグッズであれば、自宅にいながら買い物することも可能です。

これは東京ディズニーリゾートショッピングというサービスです。こちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にして下さい。

夢の手ぶらディズニー!?パーク&おうちで東京ディズニーリゾートショッピングを活用する方法

スポンサーリンク

ショー・パレード

おまめ
おまめ

ディズニーリゾートの醍醐味といえば豪華なショーやパレード!

ディズニーシーでは中央にある大きな海「メディテレーニアンハーバー」で繰り広げられる水上ショーが特徴です。このメディテレーニアンハーバーを取り囲むようにしてショーを鑑賞する事になります。

一方、ディズニーランドのパレードといえば、夜の闇が光と音楽に包まれるエレクトリカルパレードが有名です。ディズニーキャラクター達が乗り物で周遊してくれるため、いろいろな場所からパレードを見ることができます。

そのため、場所取りや移動の手間が比較的に少ないディズニーランドの方がショーやパレードを鑑賞するのに最適です。

おまめ
おまめ

ディズニーランドはどこからでもパレードを見ることができる

他にも、両パークには屋内施設でのショーがあります。鑑賞には公式アプリからの抽選が必要になりますが、妊娠中の身体への負担を考えると屋内でゆっくり見れるショーはスケジュールに組み込みたいところですね。

スポンサーリンク

立地・移動手段

妊娠中のディズニー旅行では、パーク内の導線の理解は重要となります。妊婦の身体への負担を減らすためには、できるだけ最短ルートで目的地まで移動するべきです。

ディズニーシーはパークの中央に海と山(メディテレーニアンハーバーとプロメテウス火山)があります。そのため、目的地までの直線的な移動が困難です。また坂や階段などの勾配が多いため、景色を移動には不利な面があります。

反対に、ディズニーランドには坂や階段がほぼありません。広い敷地内ですが、目的地まで平坦な道を直線的に移動することができます。

おまめ
おまめ

ディズニーランドの方が妊婦の身体の負担軽減におすすめ

ちなみに、ディズニーシーの中には移動手段を兼ねたアトラクションとしてトランジットスチーマーラインエレクトリックレールウェイがあります。

船と電車をイメージしたアトラクションで、どちらもゆったり座ってディズニーシーの中を移動することができます。

しかし、天候やショーのスケジュールによって運行状況が変わることがあります。決まったルートのみの運行のため、目的地への移動に適さない可能性がある事には注意しましょう。

スポンサーリンク

結論:妊婦にはディズニーランドがおすすめ!

ディズニーランドとディズニーシーのどちらがより妊婦にはおすすめできるか、さまざまな要素から検討してみました。総合的にディズニーランドの方がマタニティディズニーにおすすめとなりました。あらためて目的別のおすすめ度合いはこのようになります。

目的ディズニーランドディズニーシー
アトラクション
レストラン
ショップ・グッズ
ショー・パレード
立地・移動手段
目的の項目をクリックすると解説までジャンプします

それぞれのパークの良さが出た結果になりましたが、妊娠中の身体への負担を軽減するためにもパーク内の移動手段についてはよく検討する必要があります。

今回はディズニーランドの方がマタニティディズニーにおすすめという結果になりましたが、ディズニーシーには素晴らしい景色ダッフィー&フレンズのグッズという良さもあります。

  • 総合的にはディズニーランドがマタニティディズニーにおすすめ
  • 景色やグッズの良さはディズニーシーも負けていない

妊娠中とはいえディズニー旅行の目的は、グッズ購入やショー鑑賞など人によっていろいろあると思います。ディズニー旅行へ行く前に、しっかりと事前情報を確認した上で盤石なスケジュールを立てて下さい。おまめ家がおすすめする妊婦のディズニー旅行プランはこちらの記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました