プレゼントにおすすめディズニーグッズ

【サインレスでスマート】ディズニーで使えるクレジットカードは?おすすめはJCBカード

JCBザ・クラス
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ディズニー旅行に出かける時には、どうしても荷物が増えてしまいがち。

そんなディズニー旅行をスマートにする方法が、クレジットカードでの支払いです。

ディズニーリゾートではキャッシュレス化が進んでおり、ほとんどのショップでクレジットカード払いが可能となっています。

反対に、下記のショップではクレジットカードでの支払いができないため注意しましょう。

クレジットカード払い非対応のショップ
  • 光るグッズを販売しているワゴン
  • ワゴンスタイルの飲食施設(ポップコーンワゴン/アイスクリームワゴンではご利用いただけます)

また、ディズニーリゾートで利用できるクレジットカード会社はこちらです。

  • JCB
  • VISA
  • マスターカード
  • アメックス(アメリカンエキスプレスカード)
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯(ギンレンカード)
  • ディスカバーカード

つまり、7大国際ブランドの全てが利用できるのです。

ディズニーリゾートでクレジットカードを使いこなすことで、より快適なディズニー旅行を楽しむことができます。

そんな中、筆者がおすすめしたいクレジットカードは、JCBカードオリジナルシリーズです。

ディズニー好きにおすすめしたいJCBカードオリジナルシリーズのメリット・デメリットはこちらになります。

メリット
デメリット
  • カード利用で貯まるポイントをディズニーグッズやパークチケットに交換可能
  • 上位ランクになるとJCBスポンサーラウンジが利用可能
  • ポイントが貯まりにくい
  • 上位ランクになると年会費が高い

ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサー企業であるJCBは、ディズニーに特化した特典やキャンペーンも満載。

さらにJCBカードオリジナルシリーズの最高ランクJCBザ・クラスを手に入れると、ディズニーリゾートの中にあるJCBスポンサーラウンジに入ることもできちゃいます。

この記事を読むと分かること
  • ディズニーリゾートのクレジットカード事情
  • ディズニー好きにおすすめのJCBカードオリジナルシリーズの特徴

ディズニーのクレジットカード事情に詳しくなって、お得にディズニー旅行を満喫しましょう。

ディズニーのクレカ決済はサインレス

ディズニーリゾートでのお買い物や食事の場面では、基本的にクレジットカード決済が可能です。

そのほかにも、以下の場面でもクレジットカードでの支払いができます。

  • パークチケットのオンライン購入
  • ディズニープレミアアクセスの購入
  • ディズニーリゾートの駐車場
  • ディズニーホテルの支払い

そして、クレジットカード払いは基本的にサインレスで決済可能となっています。

ただし、以下の場面ではクレジットカード決済時にサインが必要となるため、注意してください。

  • 3万円以上のショッピング
  • リボ払い
  • 分割払い

【ワゴン販売は要注意】クレカ決済ができないケース

クレジットカード払いに幅広く対応しているディズニーリゾートですが、一部例外があります。

公式サイトの記載は以下の通りです。

【ご利用いただけない施設】

・光るグッズを販売しているワゴン

・ワゴンスタイルの飲食施設(ポップコーンワゴン/アイスクリームワゴンではご利用いただけます)

このように、クレジットカード払いが不可能な施設は明記されていますが、なかなかイメージがしづらいところです。

ひとつの判断材料は、上の画像のような据え置きのレジがあるワゴンを目印にしましょう。

この画像のワゴンは、飲み物やアイス、ポップコーンなどの軽食を販売しているワゴンに多く使用されています。

このようなワゴンではクレジットカード払いが可能です。

反対に、据え置きのレジが無い移動販売タイプのワゴンでは現金決済のみとなっています。

ディズニー公式アプリを活用しよう

ディズニーが提供している公式アプリを利用すれば、ディズニーグッズのオンライン購入が可能です。

支払い方法は、ディズニーアカウントに紐づいたクレジットカード払いとなっています。

購入したディズニーグッズは、後日自宅へ配送してもらえるため、手荷物が増えることが無くて安心です。

ディズニー公式アプリを利用した、オンラインショッピングの方法についてはこちらの記事で解説しています。

夢の手ぶらディズニー!?パーク&おうちで東京ディズニーリゾートショッピングを活用する方法

ディズニーで使えるクレジットカード会社は?

ディズニーリゾートで大活躍してくれるクレジットカードですが、どこのプロパーカードが利用できるのでしょうか?

公式サイトには以下のように明記されています。

【ご利用いただけるクレジットカードの種類】

JCB、VISA、マスター、アメックス(アメリカンエキスプレスカード)、ダイナースクラブ、銀聯(ギンレンカード)、ディスカバーカ

つまり、7大国際ブランドのすべてが利用可能です。

一方で、このようなクレジットカードは利用できません。

  • 海外で作成したクレジットカード
  • カード券面に契約者のサインが無いカード

そもそもこのようなクレジットカードは、ディズニーリゾート以外でも利用できません。

日常生活で利用しているクレジットカードであれば、ディズニーリゾートでも問題なく利用できるでしょう。

ディズニーリゾートのキャッシュレス事情

ディズニーリゾートでは、クレジットカードだけではなく一部の電子マネー決済にも対応しています。

しかし、対応している電子マネー決済の種類は少なく、以下のみが対応しています。

  • QUICPay/QUICPay+
  • iD
  • 交通系IC(Suica/Kitaca/PASMO/manaca/TOICA/ICOCA/はやかけん/nimoca/SUGOCA)

最近よく使われているPayPay楽天EdyLINE Payといったサービスは非対応となっています。

クレジットカードよりも電子マネーを日常でよく使うという方は、ディズニー旅行の際には注意が必要です。

おすすめのクレジットカードはJCBカード

クレジットカード払いが浸透しているディズニーリゾート。

普段使いのクレジットカードで十分事足りますが、ディズニー好きな筆者が特におすすめするクレジットカードを紹介します。

それは、JCBカードオリジナルシリーズです。

筆者愛用のJCBカードオリジナルシリーズ

JCBは言わずと知れた日本発祥の国際カードブランド。

JCBが発行するクレジットカードがJCBカードオリジナルシリーズです。

ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサー企業であるため、ディズニー旅行の際にはよくお目にかかります。

そんなディズニーとは切っても切り離せないJCBカードオリジナルシリーズのメリットとデメリットはこちらです。

メリット
デメリット
  • カード利用で貯まるポイントをディズニーグッズやパークチケットに交換可能
  • ポイントが貯まりにくい
  • 上位ランクになると年会費が高い

それぞれを解説していきます。

カード利用で貯まるOkiDokiポイント

JCBカードオリジナルシリーズの利用で貯まるポイントは、OkiDokiポイントと呼びます。

貯めたOkiDokiポイントは、いろいろな商品と交換することができます。

OkiDokiポイントで交換できる主な商品
  • ディズニーリゾートのパークチケット(1枚1,700ポイント〜)
  • ディズニーホテル宿泊&パークチケット(15,000ポイント〜)
  • リンベルのディズニーカタログギフト(1,390ポイント)
  • ディズニーデザインのショッピングバッグ(470ポイント)

上記のようなディズニー関連の商品だけでなく、食べ物や家電などの交換も可能です。

ディズニー関連のグッズがたくさんあるのは、ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサー企業だからこその特権ですね。

OkiDokiポイントは貯まりにくい

OkiDokiポイントのデメリットとして、他社のクレジットカードより貯まりにくいことがあります。

JCBカードで貯まるOkiDokiポイント:1,000円(税込)につき1ポイント獲得

ポイント還元率0.1%は決して高還元率とは言えないでしょう。

それでも、ポイント交換で得られるディズニー特典の魅力は、他社のクレジットカードには真似できません。

そのほかにも以下のようなポイントアッププログラムが利用できます。

  • 利用額によって倍率の上がるJCBスターメンバーズ
  • スターバックスなど優待店の利用でポイントアップ
  • 適宜開催されるポイントアップキャンペーン

出典:公式サイト

これらのサービスを利用することで、効率よくOkiDokiポイントを貯めることもできるので、しっかり活用していきましょう。

JCBザ・クラスの年会費は55,000円

JCBカードオリジナルシリーズの年会費は以下の通りです。

特徴年会費(税込)
JCB一般カード基本となるカード
条件によって年会費無料(※)
1,375円
JCBカードW申し込みは39歳まで
常時ポイント2倍
無料
JCBゴールド申込には審査が必要
空港ラウンジやグルメ優待サービスあり
11,000円
JCBプラチナ申込には審査が必要
コンシェルジュサービスあり
27,500円
JCBザ・クラス完全招待制のブラックカード55,000円
※ネットから申込で初年度年会費無料、年間50万円以上の利用で翌年度も年会費無料

このように、年会費無料で手に入るJCBカードWがある一方で、上位ランクになるほど年会費が高くなります。

特に、完全招待制のJCBザ・クラスは年会費55,000円とかなり高値です。

その代わりに、得られるディズニー特典の素晴らしさやステータスの高さはピカイチ。

ディズニー好きには、年会費に見合うだけの価値が得られるでしょう。

JCBカードの注意点

筆者がおすすめするクレジットカードであるJCBカードオリジナルシリーズ。

よくある勘違いは以下の通りです。

  • 他社のクレジットカード会社(国際ブランドがJCB)に注意
  • ディズニーJCBカードは全くの別もの

間違えやすい部分になるので、しっかりとおさえておいましょう。

他社のクレジットカード会社(国際ブランドがJCB)に注意

クレジットカードは発行している会社の名前と、決済を代行している国際ブランドの2社のマークが印字されています。

こちらのクレジットカードはイオン株式会社が発行していますが、国際ブランドはJCBとなっています。

そのため、イオンとJCBの2つのロゴが印字されています。

このようなJCB以外が発行しているクレジットカードでは、OkiDokiポイントは貯まりません。

また、JCBカードオリジナルシリーズとは違うため、JCBザ・クラスなど上位ランクへの招待も受けられません。

ディズニーJCBカードは全くの別もの

JCBカードオリジナルシリーズとよく似たクレジットカードとして、ディズニーJCBカードがあります。

こちらは、ディズニーとJCBがタッグを組んだクレジットカードです。

たくさんの種類からディズニーデザインのカード券面が選べたり、オリジナルディズニーグッズが手に入ったりと様々な特典があります。

しかし、JCBカードオリジナルシリーズとは全くの別ものになるため、JCBザ・クラスへの招待は受けられません。

どちらもディズニー好きにはたまらないクレジットカードであることは間違い無いので、目的に合ったクレジットカードを選んでください。

まとめ:ディズニーでも日常でも使えるJCBカードがおすすめ

ディズニーリゾートではほとんどの場合で、クレジットカードをサインレスで利用できます。

7大国際ブランド全てのクレジットカードが利用できますが、特におすすめなのはJCBカードオリジナルです。

JCBカードオリジナルシリーズを利用することで、ディズニー特典と交換できるOkiDokiポイントを貯めることができます。

日常生活のクレジットカード決済で、ディズニー旅行につながる特典が得られるのは、JCBカードオリジナルシリーズの特権です。

この機会にぜひJCBカードオリジナルシリーズを手に入れてみてください。

タイトルとURLをコピーしました